肝臓がんに負けるな|死滅させる手段がある

先生
医療ベッド

組織力でがん細胞に勝つ

抗がん剤よりも人体への悪影響が遥かに少ないがん免疫療法には、免疫細胞の種類に応じて多くの方法があります。ある特定の免疫細胞を大量増殖させる方法も多いですが、複数の免疫細胞を組み合わせた複合的免疫療法の方が有利です。異なる性質を持つ免疫細胞同士を連携させる組織力により、高い治療成績を出しています。

もっと読む

手

地域で最適な在宅医探し

医療施設が数ある世田谷区での在宅医療は、地域医療の取り組みが進む中で、既存及び新設の診療所・クリニックで多く扱われています。その為、区内では比較的在宅医を見付け易い状況にあり、自宅周辺で探すことが可能です。もっとも、安心して自宅療養するには、自宅から近いだけでなく治療が継続できることも肝心な点です。

もっと読む

痛がる女の人

身体に負担をかけない治療

鼠径ヘルニアは、腸などの組織の一部が突出した状態となり、皮膚の外からは小さなしこりのように触れます。これが自然に戻らない場合は、組織が化膿するなどして重症化することもあり得るため、適切な時期に手術で治療することが一般的です。近年では、身体に負担をかけず、傷も小さく済む手術の方法がとられています。

もっと読む

肝細胞の癌

先生と患者

肝臓の細胞自体から発生した癌を「原発性肝がん」と言い、他の臓器の癌が肝臓に転移して発生した癌を「転移性肝がん」と言います。これらの肝細胞の癌を総称して「肝臓がん」と言います。肝臓がんは、患者の約7割近くが肝硬変である人に、約2割近くが慢性肝炎を患っている人に発症しているのが大きな特徴です。このことから肝臓がんの原因は、ウィルスの侵入で肝臓の細胞が炎症を起こすことで遺伝子が変異し、その変異の過程で肝細胞が癌化してしまうと考えられています。肝臓がんは40歳以上の、働き盛りの年齢で発見されることが多いのも特徴の一つです。肝臓は病気となっても殆ど症状が現れない臓器であり、肝臓がんにおいても発症初期の段階では、自覚できる症状は殆ど現れません。

肝臓がんは初期の症状は殆ど現れませんが、癌が進行していくと、まず疲労感や倦怠感、食欲の低下、腹痛といった症状が現れ始めます。ただしこの段階でも疲れているだけだろうと、放置してしまう人が殆どの為、肝臓がんは早期発見が非常に困難な癌とされているのです。特に40歳以上の方は、これらの症状が現れた場合は肝臓がんの可能性が高いですので、早期に内科で検査を行って下さい。肝臓がんの治療は、肝臓の機能に影響が出ていない場合は、外科手術による癌の切除が第一に選択されます。また癌の進行度や合併症の有無や、患者の年齢などにより「冠動脈塞栓術」や「エタノール注入療法」などが選択されることもあります。冠動脈塞栓術とは、肝臓の癌細胞に栄養を送っている動脈を完全に塞ぐことで、癌細胞を死滅させる治療法です。エタノール注入療法とは、肝臓の癌細胞に純エタノールを極細の針で注入し、死滅させる治療法です。